車の(傷)キズ・(凹み)ヘコミ修理、カーコーティングは富山市のCalacl(カラクル)へ

ブログBlog

カガミ台を溶接

車のブレーキやライト関係のチェックが1人でもできるよう、巨大なカガミ台を作りました。

車のブレーキや、バックランプは一人で点灯確認することができません。

そこで、巨大な鏡を設置。

鏡に映すことで、一人でもブレーキランプやバックランプの点灯チェックを

行えるようにしたいと思います。

廃棄する鉄骨をもらって骨組み溶接

廃棄する鉄骨を隣の会社からもらってきて、溶接しました。

 

ネットで注文した巨大なカガミを設置

鏡の販売.COMで注文した巨大な鏡。

24000円で購入。

鏡の後ろに分厚いボードが接着されているので、

鏡だけ立てかけたりして使えます。

今回は溶接した鉄骨の骨組みに設置します。

早速、ランプを映してみましたが・・・。

残念なことに鏡の角度が垂直だと、

ランプの点灯が確認できないことに気づきました・・・。

角度的に確認したいランプ回りが鏡に映らない。。。

鉄骨を追加溶接して、鏡を斜めに張ってみた。

もっと上の方のランプが映るように、鏡を斜めにはってみました。

ランプの上の方まで映り込み、これでしっかりと一人でも点検できるようになりました。